阪神 PR

岡田彰布紅白審査員は辞退?選ばれなかった理由について!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

阪神タイガースが38年ぶりに日本一を達成し、チームスローガンでもあるAREが流行語大賞を受賞し、紅白歌合戦の審査員に選ばれるのではないか?と言われていた阪神岡田彰布監督。

先日発売した岡田監督の著書もめちゃくちゃ売れているみたいです。

[itemlink post_id=”6613″]

蓋をあけてみると、岡田監督は紅白歌合戦の審査員に選ばれていません。

いったいなぜ岡田監督は紅白歌合戦の審査員に選ばれていないのでしょうか?

岡田彰布監督が紅白歌合戦審査員は辞退?

噂によると、NHKは岡田監督に紅白審査員のオファーを送ったとのことです。

普通の名将というNHKの特番まで放送されたので、オファーの噂は本当なんじゃないかと思います。

岡田監督は阪神タイガースが日本一達成後、数日後に高知県まで秋季キャンプに行き、ファン感謝デーがあり、大阪と神戸で優勝パレードを行い、NPBの授賞式、納会、OB会、テレビ出演など怒涛の忙しさでほとんど休みがなかったそう。

さらには12月20日にハワイから優勝旅行に帰って来たばかりでもあり、年末年始ぐらいはゆっくり過ごしたいということで紅白歌合戦の審査員は辞退したという噂です。

岡田監督は球界最年長の66歳の監督で、シーズン中も監督インタビュー中に咳き込むなど体調面も心配されていたので、ネット上の阪神ファンからは辞退して正解、アレンパに向けてゆっくり休んで欲しいといった声も上がっていました。

他に、もう1つ紅白の審査員を辞退した理由として考えられるのが、今年の大晦日にTBSでWBCの優勝特番があり、紅白歌合戦の真裏で裏被りになります。

岡田監督はWBCに出ていないですが、NPBに配慮して紅白歌合戦の審査員を辞退したという説もあります。

実際、今年の紅白歌合戦にプロ野球の関係者は1人も出演していないので、裏被りの問題も重なったことも理由の1つとしてあるようです。

岡田彰布監督が紅白歌合戦審査員まとめ

  1. 岡田監督は阪神日本一達成後、球団行事やテレビ出演など怒涛の忙しさで、ほとんど休みはなかったことから、年末年始はゆっくり過ごしたいということで、NHKからオファーはあったが辞退したという噂
  2. 今年の大晦日はWBCの特番があり、紅白と裏被りになるので、NPBにも配慮して、岡田監督は紅白審査員を辞退したという噂

以上、阪神タイガースの岡田監督が紅白歌合戦の審査員を辞退したという噂についてまとめてみました。

おそらく本当にオファーはあったのではないか?と推測されます。

関西では岡田監督をテレビや新聞で見ない日はなかったほど忙しそうだったので、来年の阪神タイガース連覇に向けて、私としてもゆっくり静養して欲しいです。