プロ野球 PR

プロ野球&大相撲オールスター歌合戦の放送がなくなったのはなぜ?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

かつて毎年のように正月の時期に放送されていたオールスタープロ野球12球団対抗歌合戦と大相撲部屋別対抗歌合戦。

プロ野球と大相撲が対決する年もあり、なかなか普段試合をしている時には見せない選手の姿や力士の表情を見れただけに人気番組だったと思います。

昔は家族でコタツにでも入りながら、プロ野球や大相撲の歌合戦を見ていたファンの人も多いと思います。

そんなプロ野球や大相撲の歌合戦ですが、現在はなくなったのはいったいなぜなのでしょうか?

プロ野球&大相撲のオールスター歌合戦の放送がなくなったのはなぜ?

まず、プロ野球は12月、1月のオフシーズンはテレビに出演したり、ゴルフをしたり、ゆっくり休んでいる選手が多かったようです。

しかし、最近のプロ野球選手は毎年12月中旬から1月にかけて自主トレをして身体を作る選手が多くなり、選手によっては海外で自主トレをするので、自主トレで忙しい時期にテレビの歌合戦など出演している場合じゃなくなったからというのはあるでしょう。

それから昔のようにスター選手も少なくなってしまい、スター選手がメジャーでどんどんプレーするようになったこともあり、スター選手が不在で正月の時期に歌合戦をやっても視聴率が取れないという理由で放送がなくなったこともあると思います。

同じく、大相撲も最近では外国人力士特にモンゴルの力士が多くなり、かつての若乃花、貴乃花のようなスター力士が不在である為、歌合戦をしてもスポンサーが付きにくく、視聴率も取れないことから、歌合戦の特番がなくなったと言えると思います。

プロ野球&大相撲のオールスター歌合戦の放送がなくなった理由まとめ

  1. プロ野球、大相撲ともに昔に比べてスター選手がいなくなり、歌合戦の放送をしたところで視聴率も取れず、スポンサーも付かなくなった
  2. プロ野球選手は昔のようにオフにゆっくり休む選手はおらず、12月や1月のシーズンに自主トレをするようになり、年末年始の忙しい時期にテレビの特番に出演しなくなった

以上、オールスタープロ野球12球団対抗歌合戦と大相撲部屋別対抗歌合戦の放送がなくなった理由についてまとめてみました。

やはりプロ野球、大相撲ともにスターがもっと出て来て欲しいですね。

もう少しスターが出て来たら、特番の復活もあるかもしれません。