その他 PR

貴景勝5月休場理由はなぜ?引退説や怪我の状態も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大関貴景勝が大相撲夏場所2日目から休場しました。

初日に平戸海に押し出しであっけなく負けてしまい、怪我の状態を心配する声もSNSでは多数上がっていましたね。

貴景勝と言えば、春場所も勝ち越してカド番脱出したものの、13日目に大胸筋を痛め、途中休場。

今回貴景勝はいったいなぜ夏場所を2日目から休場したのでしょうか?

貴景勝5月場所休場理由はなぜ?引退説や怪我の状態も

貴景勝が今回途中休場したのは、春場所で痛めた大胸筋ではなく、以前から痛めていた首の状態が思わしくないからだそう。

正式な病名は頚椎症性神経根症で、いわば首の椎間板ヘルニアのような状態で、首だけでなく右腕にも思うように力が入らないそうで、それが原因で初日からあっけなく平幕の力士に昨日も押し出されてしまったみたいです。

夏場所前から首の状態が良くなく、2.3日前の直前に少し稽古した程度で強行出場したものの、完全に準備不足だったと本人はコメントしていました。

相撲ファンからは厳しい意見も多数あり、夏場所は2日目から途中休場、春場所は勝ち越して途中休場、初場所も途中休場と近年は休場を繰り返しており、そろそろ限界で引退した方がいいという声も。

このように、貴景勝は若干27歳とは言え、横綱昇進までの道は程遠く、大関という地位を守る為に休場と出場を繰り返しているのが現状。

首は一歩間違えると大けがにつながることもあり、以前のような思い切った相撲も取れなくなってきています。

貴景勝本人は一部で言われているような引退説については否定し、次の7月の名古屋場所には必ず出るということです。

貴景勝5月場所休場理由まとめ

  1. 首の状態が想像以上に悪く、自分の相撲が取れない為、5月場所を2日目から休場する
  2. 場所前の稽古も2.3日前からしかできず、準備不足だった
  3. 先場所痛めた大胸筋は問題なく、今回の休場は首が悪いのと右腕に力が入らないことが原因
  4. 一部で言われている引退説については否定し、7月の名古屋場所には出場する

以上、貴景勝の休場の理由についてまとめました。

ただでさえ近年モンゴル勢に押されてしまっている相撲界だけに、日本人力士でしかも大関の貴景勝にはとにかく頑張って欲しいです。

名古屋場所ではもう1回優勝が見たいですね。

error: Content is protected !!